×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 NiyaRhythm's circle official
 teen ager only music circle by 2ch / 2ch発中高生限定サークル "にやりずむず" サークル公式
 page : discography / back
 --- ふんどCD ---  --- トラックリスト ---



 にやりずむず発、変態CD第2弾!


 新たなメンバーを迎えつつ、それぞれの"音楽的挑戦"を胸に
 パワーアップしたあいつらが帰ってきた!

 一貫性の無いトラックリストと荒削りな楽曲郡、
 他には無い阿呆のエモーションが爆発する。

 天才とバカ紙一重の世界観、
 この「ふんどCD」で新年度を迎えたアナタに潤いを!!


 mastering : ほろうぉ
 visual design : 車海老 散髪之介

 release : 2006.04.29 at M3
 price : \300




 01. さつき - Scream of Me (Version."Make A Key")


    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ


 02. ほろうぉ - The End of Suspision (H&D Dub)
  過去に作った楽曲のニューヴァージョンになります。
  リフそのものは中々気に入っていたのですが、
  オリジナルのバージョンではそれを満足できる音質に高めることが出来ませんでした。
  このヴァージョンではそれらによって生じた怨念を徹底的に煮詰めてみました。
  ハーモニー要素を徹底排除したディープな音世界をお楽しみください。

 03. きくお - 夜霧の砂漠
  砂埃の隙間に見える幻惑。
  実体があるようで無い感覚、無機質さの中に見える有機質。
  深夜の夜霧に包まれ、今日も僕らはネットの砂漠に飲み込まれて行くのです。

 04. SH1N - MARIO REMIX 〜マリオは実は26歳くらい〜
  コメント執筆中です。。。

 05. △ - コズミックノーウェーブ(宇宙にうねりなし)
  宇宙に行って解脱出来ることを夢見ています。

 06. void - Crazy Lazy
  n. e. e. t. の生活は、2chでは"波乱万丈[Crazy]"なのに対し、
  現実世界では"ダルい[Lazy]"のが基本である。
  サラリーマンは職場ではトラブルに見舞われ"忙しい[Crazy]"だが、
  家では疲れて"まったり[Lazy]"過ごす。
  以上より、n. e. e. t. とサラリーマンに於ける相違は、"場面[Situation]"だけであり、
  それが2chで"騒ぐ[Rave]"が、職場で"急ぐ[Speed]"かの違いである。
  つまり、この曲は、"高速乱舞[Speed Rave]"であるとともに、
  この双翼にかかるneet、そしてサラリーマンの"想い[Hope]"である。
  いいたいコトは2面性を持つ曲であること、ごめんそれだけ。

 07. Cas - complacency
  Synth1だらけ

 08. stereoberry - hoshikage curtain call
  満天の星空を毎日見れたらいいなぁ、っていう

 09. ほろうぉ - Fairy of Summer
  とにかく形だけでいいからソングが書きたい→失敗
  粘土細工の残りカスみたいな創作意欲をどうにか練り合わせて練成に成功した奇作のつもり
  無駄にこだわってみたリズム隊がオススメです。それだけです。だって残りカスだもの

 10. Watall Molle - 今日だけの光
  学校の卒業式で流すムービー作成の依頼を受けた時に、
  エンディングテーマ用に書き下ろした曲です。
  出会いと別れを心のページに刻んで、一歩踏み出して歩いていく、、というテーマで、
  級友のWORBに詩を書き上げてもらいました(中盤の泣きのギターソロも彼!上手いです)

  オケのテーマは「80年代後半リスペクト」。リバーブのかけ方や、ノイズの多さ、
  リアル世代ではないですが、「恋に落ちて」や「未来予想図II」
  などを聴いて受けた感動をもう一度再現したいな、、という気持ちで作りました。
  当時ならではの味、温かさ、を再現できたかな、と思っています。

  こうやって高校生同士でCDを作って、高めあっていけることも、
  「出会いが与えてくれた大切な宝物」なんだなぁ、、と思うと、
  自分を支えてくれる人がいることって、凄く感謝すべきことなんだな、と実感しました。
  この曲を聴いて昔の友達に思いを馳せてくれれば、
  作曲家としてそれ以上嬉しいことはありません(笑)

  情感を込めて歌いきってくださったヴォーカルのSAORIさんには心から感謝です!
  この曲に込めた僕らの思いが伝わったら嬉しいです。


  ちなみにこの曲は「ケータイ刑事 THE MOVIE〜バベルの塔の秘密〜」エンディングテーマ、
  黒川芽以さん歌う「ヒコーキ雲」へのアンサーソングだったりします。
  映画に感動して一晩でメロを書き上げました。



 --- アニキィ、CD作ってみたでヤンスよォ ---  --- トラックリスト ---



 「Watal Molle」、「皐」、「きくお」、「void」、
 「影風」、「Cas」、「JiNG*da*LaW」、

 7人の中高生DTMer達が、
 様々なサウンドを引っさげてやってきた!
 骨の髄まで青春なアイツらが、
 自らのアフェクション&フラストレーションを叫ぶ!!

 祭囃子からトランス、ウィンドウズシステム音REMIX、
 AVE糞インスパイヤまで手掛ける変態中高生サークル
 にやりずむず( ̄ー ̄) は、
 アナタの街にまどろみのある楽しい生活を届けます。

 にやりずむず( ̄ー ̄) Debut CD

 mastering : Watal Molle
 visual design : 車海老 散髪之介

 release : 2005.11.13 at M3
 price : \200




 01. Coffee Dope into the sea - きくお

 意識は深海のようでありながら、コーヒーの持つカフェインと豊富な糖分により
 海面、浅瀬、深海を不安定に行き来する様子。
 荘厳で深い曲調と、明るくポップな曲調という相反するテーマの交じり合い。

 02. 魔法少年 P★BOY - Watal Molle featuring Island-O

 テレビ朝日系(で放映したいと思っている)アニメ、
 『魔法少年 P★BOY』のオープニングテーマです。
 謎の外人ヴァレンチーノ・イワタから"P-NOSE"を
 装着させられた平凡な高校生「萩泉 浩一郎」が、
 謎の戦士P★BOYとなって悪の組織ボーリング16と戦う、
 という特撮系アニメです(ウソ)
 ちなみに○07でもないし○-DASHでもなければ
 オレン○レンジでもありません。ごめんなさい。
 Island-Oのキモウマなヴォーカルをご堪能あれ!

 03. Stardust Ocean - void

 - 輝く魂達の海 - 曲名の割には神秘性は欠けますが。 void節全開のクラシカル&ピアノトランス。
 とりあえず今までの中で最高の自信作のつもりw

 04. ひぐらし、のすたるでい。 - 皐

 ファニーでファンキーな軽ノリ夏ポップ完成ヽ(´ー`)ノ
 80'sの胡散臭さっていうか、ベタベタなメロを楽しんでいただけたら 幸いです。

 05. 100% ACID FORCE - JiNG*da*LaW

 ACID4を持ってるすべての方にささげます。ごめんなさい。

 06. Where there's a will,there will be a way - Watal Molle

 ハウスでポップな『魔法少年 P★BOY』のエンディングテーマです。(ウソ)
 初期〜中期のSMAPのサウンドをイメージ。
 独特の胡散臭さと気持ち良さ、ノリの良さがあって、
 当時のSMAPのプロデューサーさんが作った曲はかなりリスペクトしています。
 是非とも20代のお兄さんお姉さんに懐かしさを感じてもらいたかったり。

 07. euphoria - Cas

 トランスに挑戦してみました。

 08. under the air - Cas

 これはトランスなのかな?それともテクノ?他のメンバーが作らないような曲を狙ってみました。

 09. Windows Magic 〜ビル・ゲイツに愛を込めて〜 - 皐

 Windowsのシステム音で構成されたネタ曲です。
 XPの起動音が展開して曲が進み、随所で色々出てきます。

 10. オマツリビート - 影風

 現代のお祭りをイメージした和風テクノ。
 昔ながらのお囃子のメロディーに若者の元気さ(騒がしさ)のようなものを加えてみました!

 11. Machined Memories - きくお

 気付けばあの温かい日々は機械に作られたものだった、という様子。

 12. 変のマイヤヒ(インスパイヤMix)- Watal Molle featuring take-took-taken

 のまネコ騒動が無事収まってよかったなー。という気持ちをマイヤヒRemixにしてみました。
 サ○ンオールスターズや、初めてヒップホップでミリオンセラーを出したあの人達への
 リスペクト、そしてインスパイヤが詰まってます。まぁ要するにパク(ry
 みんなで叫ぼう『のまのまイェイ!のまのまイェイ!』 ヴォコーダー万歳〜

 13. That Day - void

 - 儚いあの日の想い出 - 哀愁要素の強いエピックハウス。
 殆どを生音で構成しつつリズミックな曲に仕上がりました。
 ハウスは基本的に専門外なので多少至らない点も御座いますが、
 雰囲気でカバーしたつもりです。

 14. Message to You (Outro) - Watal Molle

 けだるくてジャジーなエンディングです。
 R&B / NEW JACK SWING 系のサウンドへの思い入れが強くて、
 ポップでオシャレな90年代のR&Bを作りたい欲を抑えられませんでしたw
 結果。何をパクった訳でもないけどウタダっぽくなりました。
 とりあえずTony! Toni! Tone!大好き。Bobby Brown大好き。



 
Copyright 2005-2006 NiyaRhythm's all rights reserved.